ナナ・ミナコフの酔いどれウナギ

アクセスカウンタ

zoom RSS 20th L'Anniversary LIVE -Day1-について

  作成日時 : 2014/02/05 22:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

国立ライヴ決定!

とても、とても、嬉しいです



ということで、
今日は一番よく観るお気に入りのライヴDVDをご紹介します
画像





















『20th L'Anniversary LIVE -Day1-』です
(‘『L'Arc〜en〜Ciel 20th L'Anniversary LIVE』は、2011年5月28日・29日に味の素スタジアムで
開催されたバンド結成20周年を記念したコンサートである。本公演の約2ヶ月前に発生した東日本大震災の影響から、来場者の安全面や電力供給の状況への対策を講じた上で開催するとオフィシャルサイトで発表された。また、ライブの収益金全額を被災地への義援金として寄付することをメンバー4人とスタッフの連名によるコメントで発表した。

セットリストについては、28日の初日公演では、インディーズ時代にリリースされた1stアルバム『DUNE』から1998年発売の5thアルバム『HEART』までの楽曲のみを披露した。29日の公演では、1999年に2枚同時発売された『ark』、『ray』から、2007年にリリースされた当時の最新アルバム『KISS』の楽曲、さらに同アルバム以降に発売され、オリジナルアルバム未収録であったシングル曲を中心に披露し、2日間で1曲も被りがないセットリストとなった’
ウィキペディア先生より抜粋)



初期が特に好きな私にとってこのセットリストはもう大好物!

大きい解放的な会場は迫力があっていいですね!
(もちろん国立も!)


二日間とも雨に降られた野外でしたが。。。
うん。。辛かったですね。。。
ライヴ中はまだいいのですが、ライヴ終了後ね・・・

一日目はステージ真向かいにあたるような位置のスタンドで
屋根があったのでねいいのよ

二日目が・・・けんちゃん側アリーナでしたが
終了後、退場規制がかかった中、もう出ていいよーと
呼ばれるまで1時間はあったんですよ・・・

ずーーっと雨に打たれながら自分のエリアがアナウンスされるの待つんですけどね・・・

もう冷たくて冷たくて・・・ライヴの余熱さえも奪っていくような・・・



ひたすら雨に打たれ続け・・・


画像
















この悲壮感


ライヴで悲壮感漂わせるって・・・そうそうないですよね

え?ラルクってさっきまでここにいたんだよね?って感じですよもう

あ、別に文句を言ってるわけではないですよ!

ただ、ラルクがステージにいたときとの落差がね!

って、そんな話をしたいわけじゃないんです!


そうそう。雨はデメリットばかりじゃない!
ライヴ中は雨という障害が会場とメンバーの一体感をより強くしたと思います

特にDVDを観るとひしひしと感じます

また雨が綺麗に映ってるんです
こうして客観的にみると、hydeの言うとおり
見事に演出となっています

すごく、良い!
逆に、良いってやつですコレ。

さあ、そんな記念的ライヴだったんですよ




メンバーがリムジンで会場後方から登場しステージへと向かって
傘をさし歩いていく・・・
そしてステージへ・・・
それぞれマイクや楽器をとり・・・
会場中に緊張が走る・・・

もうそれはそれは・・・みんなの緊張感で何かの弾みに爆発してしまうんじゃないかと、
それ程の緊張感・・・


てっちゃんのベースが鳴る!

1曲目In the Airです

hydeのオゥ!を合図に幕が切られた感じがしますね
この瞬間だいすきねー



In the Airって詞の中でも特に言葉使いや世界観がずば抜けていませんか?

“君を何度も跪かせた
この大地に口づけして”

“底無しの空へと深く落ちて行く
そして雲を君は掴む・・・つかむ!”

“You fly over the earth
それをただ見つめてる”

“僕はそれをただ見つめたまま
立ちつくしている”



・・・つかむ!ってなんて力強いんだ
にしても跪かせたってどんだけ欲張りな漢字だよおい


とにかく、とても大事に大事に、丁寧に構築されているような気がします
じっくりって感じがしっくりきますね

あと、ガラス玉ね!


・・・・・こんな一曲一曲について述べていたら終わらないので
ペースをあげますね。。

In the Airが終わり余韻に浸る間もなく

あの音!


「ドゥゥーーーーーーーーーーーー・・・

(きたー!

キターーー!!


待ってましたーーーーー!!!狂喜)



・・・ーーーーゥウン・・・(僅かな沈黙)」

そして軽快なピアノが・・・鳴るッ!

そう、あの曲
Caress of Venusです

もうこの曲自体に女神が宿ってるよね


この女神に骨抜きだ。。わ。。。

ちなみにこの(僅かな沈黙)すごいだいじ
この瞬間に世界ひっくり返ってるからね

も〜この曲は大事すぎてむやみに聴けない・・・



イントロでギターが入る瞬間に金テープがパァーーーン!と
発砲され舞うのですがその中で
踊ってるhyde

このシーンがすっげーいい
このシーンで最初の涙をたらしますね
あとテープ発砲の際のhydeの色っぽい・・・ァッ!も
すごくいいエッセンスになっている!




そんなこんなで3曲目
これもこれももうだいすきよ

Vivid Colors



イントロの中のびのび泳ぐhyde

そうなの、この曲気持ちよくて漂っちゃうよねー


けんちゃん、
ほんとにあなたはなんてすばらしい曲を生み出すのか・・・


間奏のギターで感極まり二回目の涙をたらしてしまいます

あとこの間奏でhydeが立ち止まって客席見渡してるのも
相まってグッとくる

画像
















雨がすごく綺麗

雨グッジョブ



in to vivid colors・・・

この曲はとても思い出深くもありますね。。
長くなるのでまだ違う機会に・・・しゃべり倒す!シャーコラッ!



そしてMCへ・・・

hyde笑いもとるし、沁みること言ってビシッとキメちゃうし
もう最高のエンターテイナーですね

うんうん、ずっとラルクをきいてきてこの年になったんだよ


そして4曲目ドラムと共にthe Fourth Avenue Cafeです
私は年をとるごとに好きになってく曲だなー

昔、片思いしてる友達にきかせてあげたら
感動してたなー


“誰かのーこーとー想ーってーるー
横顔でも素敵だったから”



クライマックスってやっぱここじゃないですか?

そのあと、この行き場のないあらぶる感情を体現したかのような間奏・・・

ため息でちゃいますね

はぁー




そして5曲目、夏の憂鬱 [time to say good-bye]です
ここ飛ばします
好きな方、もし見てたらゴメンナサイ!


6曲目、情緒的なギターで始まる・・・風の行方!
嬉しい・・・なんてセットリストだ・・・・!

しかし、喜びもつかの間、
聴いたばかりの風の行方が吹っ飛ぶ程の衝撃が起こりました・・・


風の行方が終わり・・・

(なんか聞き覚えのある音だな〜)
(MY HEART DRAWS A DREAMがはじまりそうな感じ・・・でも今日この曲やるはずないし)

なんてぼけーと聞いてたのですよ

そしてけんちゃんがギターを鳴らすのですが・・・





(え?)

(これって・・・)


(え?)



(え・・・?)




(え゙・・・・・)


そう、まさかの!


夢にまでみた!!!!!

As if in a dream

びっくりして固まっちゃって
はっと我に返ったとき嗚咽です
取り乱してもう傍目からみたら軽く故障


しかも自分の好きな曲が始まるとテンションあがって
一緒に来てる人の体をいつもバンバン叩いてしまうのですが(ごめんない)
このときは服を思いっきり伸ばしてしまいました(ごめんさい!)

画像




















15thのとき、聴けなくて残念だった・・・
ねーラルク!この名曲を忘れてしまったの?
hydeなんて一番思い入れがあるって言ってたじゃんーーーー
なんて思ってたりしました


もう、これほどまでにね、熱望していた曲だったのですよ・・・

でもこれ、熱狂的に喜んでるの、
もちろんだけど私だけじゃないよね

ライヴ中は夢中で(壊れた自分と闘ってたし)
気づかなかったけど
こうしてDVDになったのをみるとよくわかる


曲に入ったところで

ふあーーーー
ふあーーーーーー
ふあーーーーーーーー!!!!

って発狂してる人、いませんか?笑


もうそれはもう、さんまちゃんの笑い声のような「ふあーー」が
あの会場に響き渡ってるんですよ!!


最初みたとき自分棚に上げて、わーすごい人いるなぁ・・・と
びっくりしたものでしたが

何回も観てるうちに段々と・・・

・・・私も取り乱したとき叫んでたんですよ

だから・・・
自分の声じゃないよね・・・・?

と不安になってからというものこのシーンを直視できなくなっていました。。。


まぁでも!
ステージと対角のスタンドにいたんだから
そんな遠い場所の私の声なんて入ってる訳ないよなぁうん

と思うようになり克服できました(^_-)-☆ヤッタネ



それにしてもさー
ここもイントロのシーンですが右端の子も多分うれし泣きしてるんですよね
隣の友達だろう子が「ヨカッタネ!ヨカッタネ!!」なんて言ってる感じでなだめてててね

この子とお酒飲みたいわ〜
(でも私は下戸です)


そして、この後DUNEへと続き
winter fall、ガラス玉

本編最後にめちゃくちゃテンションの上がる
Shout at the Devilときて

アンコール後も
milky way、Voice!などと私的に激アツな曲が続くのでありますが

もう、As if〜で気力を使い果たしました・・・

書きたいんだけどね・・・
ねー


ということで、-Day 1-のDVD
私的な見どころは主に前半にございます


やっぱさ、前半だとメンバーの緊張感もよく伝わるしさ

カメラワークすばらしいー!

ライヴ中は確認しきれない細かいシーンも
とりこぼすことなかったかのようにおさめて下さっているように
感じる程です
(まわりくどー∈(゚◎゚)∋)


そんなDVDですが遂に一挙ブルーレイ化となりますね!

よりキレイな映像と音で観ることができるなんて
喜び大です!!

受注生産ということではりきって予約しましたが

ブルーレイ再生するの持ってない。。。



国立まで1ヵ月と2週間・・・
あぁ待ち焦がれていた瞬間がやってくるなんて

たのしみ∈(゚◎゚)∋ラブ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは!
 さきほどはコメントをいただき、ありがとうございました。ラルクはぼくの友人も好きなバンドで去年にCSかWOWOWでライヴの放送があったときは二人で見ましたよ。

 僕自身は初期の『C'est La Vie』やCMでもよく流れていた『NEO UNIVERSE』などが好きです。

 ではまた!
用心棒
2014/02/19 00:28
用心棒、一番好きな黒澤映画です〜!

WOWOWは国立公演ですかね!
C'est La Vieも歌ってませんでしたか?
嬉しいコメントありがとうございます。

ではまた!!
ナナ・ミナコフ
2014/02/19 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
20th L'Anniversary LIVE -Day1-について ナナ・ミナコフの酔いどれウナギ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる