ナナ・ミナコフの酔いどれウナギ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラルクアンシエルLIVE2014at国立競技場

<<   作成日時 : 2014/03/30 17:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

余韻が・・・

    こだましている今も・・・


                    まだ・・・



画像




















2014年二日間限りの祭典が終わり一週間が経ちました


私の2014年のピークでもありました(みなさんもそうですよね)


この大事な瞬間、一つ一つを噛み締めましたよ・・・!


終了後のニュースをみてびっくり。

23曲もやってたんだ


主なアンコールなしにたくさん演ってくれましたね


東京へ向かう道中から、自分と同じように
このライブを待っていたファンの人たちも愛しくて愛しくて・・・


その時点で半泣きになるという、
なんだかこの約2年の間に私自身ファンとして新境地に突入したようです(ヤバめ)


グッズは1日目10時過ぎに並びました

意外にも30分も並ばずに買えました

毎回必ず買うマフラータオルと、hydeプロデュースTシャツだけ
購入予定でしたが、
目の当たりにするとついつい・・・

今回は普段あまり買わないパンフと
yukihiroプロデュースサーモマグも買ってしまいました

だってパンフ丈夫そうだったしぃ・・・
画像















ところで、サーモマグのドアラのシール
開封したらマグの蓋のてっぺんに既に貼られた状態だったんだけど
これでいいの??

もし購入した方が見てくれていたら教えてくださいー


むきん砲は以前買ったのがあったので持ち込みました
でも使いませんでした


あはは



まず、会場入って
ひゃっ!となったステージ

センターステージとの予想でしたが実際は通常のように前方ステージでした!
しかし壁が無く吹き抜けになっている!

みんなでステージを四面楚歌状態です

画像
















(記憶だけで描いたよ)

開演前に席に配布されていたL'edライトの使い方の
おちゃめなアナウンスが何度か


そして・・・始まる!



ステージからにゅーっと生えてきたカプセルから登場したメンバーたち!
一人一人アップになるごとに歓声!

てっちゃんの緑色の頭にはびっくり!
地毛なんじゃないかと思うほど似合ってるーー!
そして、歯が、きれいよ〜

けんちゃんはチェ・ゲバラのようでしたね!



すぐさま1曲目・・・う!!!裏切られました!
get out from the shell-asian version-!

やっべーーーー!!!
そうきましたかそうきましたかーと期待爆発しましたが・・・!


正直言うと、今回のセットリスト偏ってやいませんでしたか。。

私は結構ショックで。。。
(あくまで個人的感想なだけで批判ではないですよ)

貴重なライブなのに大好きな曲が・・・少ない;;

二日間のセットリストを数えてみましたが両日とも

活動休止前の曲・・・9曲
活動再開後の曲・・・13曲
(あと新曲。合わせて23曲)

でした。あっ思ったよりも・・・4曲しか差がない
でも4曲の差は大きいよね。
そのうち2曲はコアなファンが喜ぶ曲にしてほしかったなー;;

でもお祭りといえば10年以内にだした曲でまとめた方が確かに
盛り上がるのかもしれないですね


20thのラニバーサリー時のように
1日目・・・しっとり・丁寧に歌い上げて聴かせるぜー
2日目・・・騒げ―!

みたいな役割だもんね

1日目と2日目でセットリスト少し変わってましたが
9曲・13曲の振り分けは守られていたようです


前hyde言ってたもんね
昔のやると喜ぶファンと、今のラルクで盛り上がるファンに
分かれるからセットリスト組むの難しいて。。むぅ

いや、でももちろん楽しみましたよ!
SEVENTH HEAVENとか開幕的な雰囲気にぴったりです


まぁそうこう

ショックを受けてる中、新曲「EVERLASTING」(※かっこいい)が披露され
(・・・打ち込みサウンド・・・!そして、てっちゃん、ギターですか!!!)

余韻に浸る間もなく、

聴きなれたギターの音からの

「もう一度あの二つに別れた道へ・・・」







・・・Blame




ラルクありがとう;;




画像




















2日目もちゃんとセットリストに入れてくれました
(そして1日目と同じ反応に戻る)


新曲から間髪入れずこの流れ・・・!
サプライズ感満載でしょう!!
狙ったでしょう!?!!

うれしかったよーーー;;




2014年良かったこと一番は
間違いなくこの「Blame」でしょう。


間奏の洪水のようなギターに共鳴してしまいます
ベースもたまんねーー

ラルクを待った約2年が報われたような気がしました


その後、けんちゃんの下ネタの後に
Caress of Venus!


Driver's High!

ついにきたよーーーー


hyde
「お気に召すがーままーに」まで歌ってましたね(その後の投げキッスも忘れず)


Driver's Highは
「もう数えるくらいで〜」
一番好きなフレーズを
大合唱させてくれるのが大好き!

待ってましたこの瞬間この瞬間!

2日目はサビの最後のフレーズをhydeが2回も連続して間違えるという笑

一回目「鋼の翼でー・・・・・?!」
二回目「来世でまたー・・・ちょっ待って違う!」

みたいな感じでhyde声に出しちゃってましたね

(細かいとこ私の記憶違いがあるかもよ〜)

笑った〜笑

私のいたエリア一体感強かった気がして、
みんなで爆笑する感じすごく良かったな〜

あのエンジン音と疾走感は身体の芯からワクワクするね!

来世でもまたラルクに会いたいよ
ライブで聴くとそんな意味に捉えられる感じもいいね

yeah!!!!




そしてL'ポンチョとともに渡されたL'edバンドですが
場所ごとに違う色のものを配布されると思ってたのですが
まさか遠隔システムだったなんて・・・!

hydeの振る棒で色が変わる変わる!笑
1日目は反応が鈍かったですが、2日目は絶好調で
サブステージでhydeひたすらぶんぶんやってましたね

遠目でもぶんぶんやってるの見えてシュールでおもしろかったです
画像















曲ごとに色が変わったり消えたり

そしてあの演出
画像
















わっ・・・!
しかも、いろんな色の中で一番キレイだと思った色!
L'Arc〜en〜Cielの一員になれた方たちうらやましいー!


hydeの瞳が終始うるうるしてるのが印象的でした。

1日目、ステージから去る際に泣きそうになっていたの気のせいじゃないですよね
というか、泣顔見られたくなくて去った感じ。

あの表情はこちらとしても感極まるよ・・・



ちなみに、中途半端に目の悪い私は今回初めて
コンタクトレンズを使いましたが

つけるのとはずすのだけで何十分も使いギャーギャーいいました

画像



















まじコンタクトこえー


1日目は退場規制で長いこと残されたのですが、
待ってる中フランス人と思われるカップルが隣に。

男の人の方がニコニコしながら「サムイネー」「サムイネー」って。

超ニコニコしてた笑

もっと話したかったけどシャイな私・・・

てか寒すぎて倒れるかと思ったよ。。
手足の感覚がなかった

日本寒くてごめんよお兄さん・・・マタキテネ




そんなこんなで、2020年の東京オリンピックよ、ライヴを与えてくれて感謝いっぱいだよ!

今、また20thのDVDを観ながら書いてたのですが
「the Fourth Avenue Cafe」に気持ちがかぶって
泣けてきた・・・笑

あと・・・どれくらいだろう、そばにいてくれるのは・・・



L'Arc〜en〜Ciel
私の人生に彩りを
ありがとう


今回もたくさんのエネルギーをもらいました

次回のライヴまで楽しみに待ってます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは!

 ぼくの知人も彼氏を引き連れて、関西から観に行きました。帰ってきたときに感想を聞くと、前から6列目だったのでめちゃ見やすかったそうです。

 彼女は看護師の国家試験が終わり、就職も決まった後だったので疲れがたまっていて、2時間を過ぎるころにはヘトヘトだったが、なんとか気合で乗り切ったと興奮気味に語っていました。

 ますます好きになったと言っていましたよ。

ではまた!
用心棒
2014/04/03 13:54
またまたコメントありがとうございます!

用心棒さん、「料理屋 三船」は
行ったことありますでしょうか。

国立で東京へ行ったついでに行ってきました。
七人の侍サワーやお皿にまで家紋が入っていて
テンションあがりました!


ナナ・ミナコフ
2014/04/07 19:49
こんばんは!

>三船
ここ20年くらい、東京には縁がないですわ(笑)
七人の侍サワーとかあるんですね。機会があれば、行ってみたいですよ!

 なんだかんだ言っても、黒澤作品の味を決めるのは三船敏郎と志村喬ですからね。

 出演者をカレーでいえば、三船がチリパウダーで、志村がターメリック、千秋実が福神漬けで藤原釜足がラッキョウでしょうか?

 ぼくがブログを始めるきっかけは9年ほど前で、黒澤映画を全部記事にしたいというのが原点です。

 まだ書いていないのは『生き物の記録』『悪い奴ほどよく眠る』『どですかでん』『まあだだよ』だけになりました。ぼちぼちやっていきますよ。

 昨日、CSではラルクのこれまでのライヴのダイジェストを放送していましたので、ついつい見てしまいました!

ではまた!
 ではまた!
用心棒
2014/04/08 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラルクアンシエルLIVE2014at国立競技場 ナナ・ミナコフの酔いどれウナギ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる